学校概要

   ホーム  >  学校概要 [ 進路 ]   >  進路のしおり

進路のしおり

最終更新日 [2018年12月18日]  

                                    巻頭言
                 校 長  髙須 憲治
                                                                             
  このしおりの後半にある第11期生進路状況を見てもわかるとおり、本校卒業生の進路は多様です。このことは自分の進路を実現するためには周りの人に流されるのではなく、自分の進路は自分でしっかり考え行動し、様々な誘惑に打ち克つ力が必要です。自分の進路を実現することに求められることはスポーツで成果を出すことと同じです。
  20年前に高校バスケットボールを扱ったマンガ「スラムダンク」がありました。そのマンガ「スラムダンク」の内容を元にスポーツ心理学の立場から書かれた辻秀一著「スラムダンク勝利学」から進路実現へ努力する君たちへいくつかの言葉を贈ります。
 
・自主的な目標設定をしよう。
    根拠がないにもかかわらず高校1年から「全国制覇」と高い目標を掲げてきたゴリ(マンガの主人公)は、常にその実現のために行動してきた。すると、3年生になり目標が現実のものとして見え、根拠がついてきたのである
・変化の集大成こそ結果を生む。
    スポーツや仕事にとって大切なのは、結果と考えられる。しかし、結果を追い求めれば追い求めるほど、勝利という結果は逃げていってしまう。一流の選手になればなるほど、ただ「勝ちたい」「優勝したい」などの漠然とした結果だけを追い求めていくのではなく、勝利を手にするために必要な、それに相応した自らの変化をいつも求めていく。
・「今に生きる」ことに全力を尽くせ。
    自分の実力を試合で発揮するためには「今」に集中することが大切である。そのためにもセルフイメージが縮小しないよう、日頃から「今」を大切にする心の習慣が必要である。
・必ず自分に返ってくる。
  日頃の言動があなたのセルフイメージを決定する。マイナスな言動は、ミラーの法則により必ず自分自身にマイナスとなって返ってくる。
・あきらめは最大の敵である。 あきらめた瞬間に勝利は逃げる。
・結果のとらえ方こそ、勝負の分かれ目である。
  「負けたことがある」というのが、いつか大きな財産になる。
・「感謝すること」こそ勝利と一流への道。
    なぜ、あいさつや感謝のありがとうが必要なのでしょうか。ゲームや人生に勝利するための大切な心の習慣につながる。与えれば、かならず自分に返ってくる。

以上を心に刻み進路実現に向けて努力し続けてください。君たちの進路実現を応援しています。
                       

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
福岡県立門司大翔館高等学校〒800-0047福岡県北九州市門司区藤松2丁目7-1
Tel:093-372-5225 Fax:093-372-1380
福岡県立門司大翔館高等学校
〒800-0047福岡県北九州市門司区藤松2丁目7-1
Tel:093-372-5225  Fax:093-372-1380
Copyright(C) 2009 MOJI DAISHOKAN HIGH SCHOOL All Rights Reserved.